基本的に何らかの手続きを専門家に依頼するという場合、その委任事務の範囲や内容を明確に記載した委任状を作成することになります。最近では高齢化社会で一人暮らしの高齢者が増えたことにより、孤独死する人もかなり多くなってきました。そして、亡くなった後のことを気にしている人も多いのですが、この問題は民間のサービスを利用することで解決することができます。弁護士事務所などでは成年後見サービスを行っており、これは一人暮らしの高齢者が行うさまざまな手続きを代行するものです。見守りサービスや財産管理の後見はもちろん、親族や知人への連絡事務(死亡通知)も行ってくれるため、万が一の時に備えて弁護士事務所などで委任しておくのがオススメです。


このような手続きは親族が行うことが一般的なのですが、独身の場合や身内が遠くに住んでいるという場合、専門家に委任しておくことで手続きをスムーズに済ませることができます。また、入院していた病院への支払や葬式の執り行いにまつわる事務作業、墓の管理費なども生前に委任しておくことができますし、死亡後の手続きはいろいろと煩雑なのでこのような成年後見サービスを上手く利用すると良いでしょう。