ウェディング11遺産相続は、遺言書の有無で変わってきます。遺言書がある場合においては、遺言書の指定の通りに遺産を分割します。この相続は、指定相続といいます。遺言状がなければ法の基準で分割されることになります。これを、法定相続といいます。遺産分割協議によって、誰が何を受け取るのかを協議します。協議で決まれば、遺産分割協議書を作ります。そして、財産の名義変更をします。金融機関や不動産の名義変更はとても煩雑なものです。様々な書類が必要になります。払い戻しの依頼には、相続人全員の書名や実印の押印が要ります。課税対象になる時には、申告の義務があります。


副業はバレる?アフィリエイトの確定申告をサポート
相続には、三種類の受け取り方があります。単純承認は、決まった財産を全て単純に相続するという方法です。これは、プラスの財産もマイナスの財産も含まれます。マイナスの財産が多いと困りますので、その場合は限定承認や、相続放棄を行います。
限定承認は、まず最初に負債を相続分で返済します。その後に、余りが出た際にはそれを相続するのです。
そして、相続放棄は、全く相続財産を受け取らないということです。
また、上記の三種類の方法は、相続人と知った時点から3ヶ月以内に手続を行う必要があります。